引越しにおけるトラブル

荷物が少ないケース

荷物が少ないケース

引越し業者に依頼しているときのトラブル例として、ダンボールが足りないというものが見られています。割合としては少ないのでしょうが、複数の引越しを一度に行う際には起こりえるトラブルです。単身パックなど1のボックスに荷物が全て入っているケースでは下ろすのを忘れる事は少なく、1つのトラックに複数の家庭の荷物が入っていたり、通常の宅配商品と一緒に運ぶ場合では注意が必要です。

 

ダンボールの数は予め数えておくことをおススメします。自分で引っ越す場合でも、必要な荷物とゴミが混じってしまい、引っ越したら荷物が無かったというケースはよくある話です。梱包する時に数字を振っておけば、ワザワザ数える必要も無くダンボールの数がわかりやすいです。引越し業者にも予めダンボールの数を伝えておくと、下ろし忘れるトラブルが減らせます。

 

万が一引っ越してみてダンボールが足りないと思ったら、早めに業者に連絡しましょう。自分でダンボールを用意し、形も大きさもバラバラだと引越し業者も下ろし忘れが出てくることがあるようです。そのようなトラブルを防ぐため、予めダンボールは業者指定のものでなければダメという所もあります。指定のダンボールなら数も数えやすく、きっちりとトラックに詰められミスが防げるからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ