引越しにおけるトラブル

大型家具が入らない

大型家具が入らない

引越し前の住宅から大型家具が出たとしても、引越し先の窓やドアの入り口が狭く搬入できないトラブルはよく起こっています。事前に搬入口を確認し、大型家具がある場合は引越し先の入り口の大きさを確認しましょう。場合によっては大型クレーン車が必要となり、別途料金が取られるケースもあります。

 

引越し先が一戸建ての場合は、引き戸タイプのベランダがあると大型の家具でも搬入することができます。玄関から入ることが出来なくても、1階に大きな窓があれば入れることができます。万が一2階しか大きな窓が無ければ、費用も高額になりやすいため注意してください。最近の住宅は機密性を重視しているため、引き戸タイプではなく少ない箇所しか窓が開けられないタイプが多いです。特に高気密住宅が多い寒冷地に引っ越す場合は、事前に確認すると良いでしょう。

 

マンションの場合では、通路や階段から大型家具が入るか事前に確認しなければなりません。冷蔵庫や食器棚、ソファーくらいなら入りますが、大型のタンスなどは気をつけましょう。家具類を購入する時には分割できるものを買っておくと、後々引っ越す際に困りません。ピアノなども分割が難しく、重量もあるため引越し料金が高くなる場合もあり注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ